2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011年03月17日(木)

ドッグレスキュー被災地へ

一般社団法人UKC JAPANによる
ドッグレスキューが開始されました

UKC JAPANさんのブログより抜粋


被災地の皆様へ
一般社団法人UKC JAPAN本部に
対策室をおき
皆様の温かい善意を胸に
被災地に向け出発いたしました

私達は、常に行政との連携を図り
被災者の救助の妨げにならぬよう
なおかつ迅速に救助にあたります

被災地では
「なんで動物の命を守るのか?人間の命だけで良い!」
と被災者同士の摩擦が起きております
この様な状況ですのでお気持ちは分かります
その為に
動物対策本部の設置が遅れているのが実情なのですから・・・
しかし動物も大切な家族の一員です
動物より人間の命?
私達は人の命も動物の命も隔てなく
共に救い合い共に支え合わならないと主張してきております
やっと
この思いが行政に通じたのです!

遅くなりましたが
不安を抱え私達を応援してきた皆様ご安心ください
先発隊(UKC JAPAN湘南)は現在
福島で立ち往生しております
UKC JAPAN本部は現在宮城に向っております
フード、ゲージ、毛布など
(レスキューに関する物資、現時点ある全て)
を積み込み京都を出発しました

被災地の方々より沢山のSOSを受けております
必ず皆様のもとに行きます!





ドッグレスキュー被災地へ1


【東北大震災ドッグレスキュー 一般社団法人UKC JAPAN】
というタスキをかけた車
この車両を見かけたら応援よろしくお願いいたします!

何度も書きますが
私達は人の命も動物の命も隔てなく
共に救い合い共に支え合う信念は揺るぎません
これが信念です!
一般社団法人UKC JAPANが現地入に入った場合
報道カメラと一緒に行動し
映像を記録に残しますが
被災されている皆様や傷ついた犬・猫達に
ストレスを与えないよう充分に配慮させていただきます
現地での行動はその都度アップさせていただきます

一般社団法人UKC JAPAN
〒621-0046 京都府亀岡市千代川町北ノ庄惣堂6番3
TTEL : 0771-24-6324
FAX : 0771-24-6504

救援物資も受け付けられています
〒253-0102
神奈川県高座郡寒川町小動341
グローリータッズ湘南
TEL:0467-84-7456 FAX:0467-84-7457

*義援金の募集もされています*

募金をされる場合は
ご自身で判断して
募金されるようにしてください



「なんで動物の命を守るのか?人間の命だけで良い!」
と被災者同士の摩擦が起きております

の言葉が心に突き刺さります
前にも書きましたが→コチラ
人命優先なのはわかるけど
飼い主にとっては
かけがえのない家族の一員です
人間の命と比べることが出来ないぐらい
大切な命です
なので動物への支援が始まって
本当に嬉しいです

お嬢もモニターでお世話になったことがある
petioさんも
電気不要の保温マット・犬猫用スナックなどを
被災ペットたちに支援することを
決定したそうです





ランキングに参加しています

思ったこと  |  Comment(4)  |  Trackback(0)

Comment

そうですよね。
かけがえのない家族の一員なんですよね。
どうかどうか一つでも多くの命が
救われますように。
ふくねえ |  2011.03.17 21:54 | URL |  【編集】

摩擦が起きるのはホント当然ですよね・・・
今、凄く厳しい状況で、人間も物資が届かず
命を落としてる方もいらっしゃるようなので…
でも、同じ命なんですがまだその同じ命の
重みを感じない人が居るのも現状なんですよね・・・
ホント飼ってる方はつらい思いをしてる方もいると
思います・・・・
でも、1つでも多くの命を助けたいですね!
ただ、やっぱり先には進めない道なりですね・・・・
早く道が復興されると良いですが、まだまだ
時間がかかりそうですねi-201
でも、少しでもお役に立ちたいですねi-197
私も、なにか出来ることをしたいと思ってますi-228
まゆまゆ |  2011.03.18 01:45 | URL |  【編集】

*ふくねえさん*
他の人から見れば「犬」かもしれませんが
私たちにとっては、かけがえのない大切な家族なんですよね。
この子達が家族と一緒に乗り越えて行ってくれること、
そして、1つでも多くの命が助かりますように・・・
とん |  2011.03.18 23:23 | URL |  【編集】

*まゆまゆさん*
ペットを飼っていない人にとってはただの「動物」かもしれないけど、私たちにとってはかけがえのない大切な家族です。
私もお嬢がいる者として、この摩擦は本当にツライです。
私がこの子たちに出来ることは、やっぱり募金だと思ったので、募金に行って来ました。
この子たちを助けてあげよぅと思ってくれる人が
もっとたくさん増えてくれたらなって思います。
とん |  2011.03.18 23:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://princessinto.blog75.fc2.com/tb.php/536-9a435242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |