2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016年12月07日(水)

頼もしすぎる存在♪

一昨日の真夜中
頭痛がひどくて目が覚めた私彡(-_-;)彡
我慢が出来なくて薬を飲もぉと思って起きて
薬を飲んでたら
お嬢が起きて来てくれました(*´∀`)b

薬を飲むために食べ物を少し
食べてたからそれに気付いて
起きて来てくれたのかもしれないんだけど
頭が痛くてツラくて泣きそぉになってたときに
お嬢が来てくれて
すごぉぉぉく心強かったです(*´エ`)





頼もしすぎる存在♪1


夜中に起こしてゴメンやでぇ
でもめっちゃ嬉しかったわぁ






お礼のカリカリ3粒を食べて
また寝んねぇしたお嬢に
ポチっとお願いします
うちのお嬢  |  Comment(8)  |  Trackback(0)

Comment

頭痛ツラいですね。
たとえ食べ物目当てでも(笑)
こうして起きてきてくれたら
嬉しいですね。
お嬢ちゃん毛布羽織って
可愛い~
起きたてって感じですね(笑)
ふくねえ |  2016.12.08 00:34 | URL |  【編集】

大丈夫ですか?
気を付けてくださいね。
お嬢ちゃんもきっと心配だったのでしょうね。
お嬢ちゃん、トンさんの事たのみますよーーー
元気パワーーー
ガッシュママ |  2016.12.08 19:41 | URL |  【編集】

*ふくねえさん*
頭痛ってホンマにツライですよね。
頭が痛くて泣きそぉになりながら、暗~い中で1人で薬を飲んでたら
お嬢が起きてきてくれて、めちゃめちゃ心強かったです。
私のことを心配して起きてきてくれたと信じたいです(笑)
食べ物につられてないハズ~(笑)

毛布は背中に乗ってても全然気にしないので
このまま移動してます。
落ちたら落としっぱなしなんですけど(*´艸`*)
とん |  2016.12.08 19:54 | URL |  【編集】

*ガッシュママさん*
ありがとぉございます。
頭痛持ちはホントにツライです彡(-_-;)彡

多分、食べ物につられて起きてきたと思うんですけど
ツラかったときに、お嬢が来てくれて
めちゃめちゃ心強かったです。
お嬢には助けられてばかりです(*´エ`)
とん |  2016.12.08 19:57 | URL |  【編集】

とんさん、こんばんは~、おひさしぶりです~^^;

頭痛、大丈夫ですか?
つらい時にお嬢ちゃんがそばに来てくれるなんて…。
なんていい子なんだろう~、お嬢ちゃんは。
かりんもお嬢ちゃんを見習ってほしいです。
かりんは全然そんなこと、してくれませんよ。

気温の変化が激しいので、気をつけておすごしくださいね。
MIKU |  2016.12.08 23:07 | URL |  【編集】

頭痛・・・もう治ったかな?
夜中の頭痛は つらいですよね~
ガマンして寝ても 朝が最悪になるから
早めの薬がいいよね~
お嬢ちゃん 心配して起きてくれたのね!
優しいね~
心配顔のお嬢ちゃん・・・めちゃ可愛い~♪
まゆぽん |  2016.12.08 23:20 | URL |  【編集】

*MIKUさん*
お久しぶりです(*´∀`)b

久しぶりに頭痛で目が覚めました。
今は治まりました。ありがとぉございます。
私が薬を飲むために食べ物を食べてたので
それに気付いて起きて来たんだと思うんですけど
それでも、真夜中に1人じゃないって思えるだけで
心強かったです。
かりんちゃんも、かりんちゃんの距離で寄り添ってくれてると思います(*´∀`)b
とん |  2016.12.10 00:15 | URL |  【編集】

*まゆぽんさん*
今は治まりました。
ありがとぉございます。
寝る前から「頭痛いな~」って思ってたんですけど
大丈夫かと思って寝たら、痛さで目が覚めました彡(-_-;)彡
夜中とか起きたときの頭痛って、めちゃめちゃツライですよね。
時々、ツラすぎて泣いたりしてます(ノд-。)アウウ
そんなときでも、お嬢がそばにいてくれると、「お嬢がいてくれる」って安心出来てホッとします。
とん |  2016.12.10 00:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://princessinto.blog75.fc2.com/tb.php/1712-72e9f04e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |