2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016年04月20日(水)

災害時への備え

注文したフードが届いたときに
一緒に同梱されてた冊子に
災害時への備え方について
紹介されていたので
少しシェアさせていただきます





災害時への備え1


避難するときはペットと一緒に同行避難
国も推奨しています
ただし
避難所に一緒に入れてもらえるかはわかりません
ペットを家族に持つ者としては
憤りを感じるところはたくさんありますが
まずは一緒に避難することが大切です
避難時に1人が持ち運べる重さは6~8kgと言われているため
命に関わるもの・代用できないものなどから持ちだしましょう

命に関わるもの
・常備薬(最低1週間分)
・療法食(最低1週間分)
・首輪・ハーネス
・リード
・キャリーバッグ・クレート
・フード(最低5日分)
・水

持ち出したいもの
・トイレシーツ・うんち袋・猫砂
・オーナーと一緒に写っている写真(ケータイにも保存)
・健康管理表
(ワクチン証明書・狂犬病予防注射票・ノミダニ駆除など)
(ケータイにも保存)
・パートナー手帳
(病歴や常備薬・検査結果・かかりつけの病院名と連絡先
飼育に関する注意事項などの記録があるもの)
(ケータイにも保存)
・迷子ポスター
(パートナーの写真と特徴が書かれた迷子ポスターを
事前に作っておくと、万が一はぐれたときにすぐに
提示でき役立ちます)

万が一パートナーとはぐれても再会出来るようにするために
迷子札・鑑札はつけておきましょう
放浪して痩せてしまうと首輪が外れてしまうこともあるため
マイクロチップの装着がオススメですが
リーダーがないと装着していても意味がないので
併用するのが最も有効です
一番良いのは
はぐれないことだと思います



東京都が作成した防災ブックです
東京都民向けですが
読んでいて損はないと思います

東京防災ブック

KindleiBooksでは無料でDL出来ます





ランキングに参加してます
ポチっと応援お願いします
愛玩動物飼養管理士
 | HOME |